江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 6歳臼歯と矯正治療の関係

 

 

矯正治療行う際には、6歳臼歯が非常に重要な役割を果たします。

 

 

また、不正咬合(かみ合わせが悪いもの)分類の代表的な分類方法でAngle(アングル)分類と言う分類法があります。

 

 

これは6歳臼歯を基準とした分類法です。

 

 

6歳臼歯は矯正の基準になる位重要な歯なのです。

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 アングル分類

 

 

また、実際に矯正治療で歯や顎を動かすには、歯や顎を動かす支点が必要となります(物理の初歩ですが、力を加えると同じ力が反作用でかかる為です)。

 

 

この支点をわれわれは矯正歯科医は「固定源」と呼びます。

 

 

この「固定源」を矯正科医は様々な場所に求めます。

 

 

お口の外に求める場合もありますし、矯正治療用のインプラントに求める事もあります。

 

 

成人の場合はお口の中に求めることが多いです。

 

 

小児の場合でも、6歳臼歯を「固定源」に用いることが多くあります。

 

 

6歳臼歯に着ける矯正器具としては、矯正用のバンドやDBS (ダイレクトエナメル ボンディング システム:歯に酸処理を行い直接来つけるもの)がつきます。

 

 

お口の中にある最も重要な固定源が6歳臼歯になります。

 

 

矯正装置の代表的な装置の写真を下に載せます。

 

 

この装置はリンガルアーチと言う装置です。

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 リンガルアーチ

 

このリンガルアーチを固定しているのも6歳臼歯になります。

 

 

6歳臼歯は、1番最初にはえる大人の大臼歯なので丁寧に歯磨きをしないと虫歯になってしまいます。

 

 

6歳臼歯がむし歯になってしまい、金属の冠などを6歳臼歯にかぶせてしまうと、調整用の金具が困難になりますし、金具が外れやすくなってしまいます(矯正治療中に外れてしまうと1回の矯正治療時間が長くなってしまうデメリットもあります)。

 

 

また、直接つける場合も、健康な状態よりは取れやすくなってしまいます。

 

 

そのため、矯正を行うためにも6歳臼歯を健康な状態で保つ事は非常に重要なことです。

 

 

ましてや、6歳臼歯を失ってしまうと矯正治療で並べる際の調整で大変な思いを私たちも患者さんサイドもしなければなりません。

 

 

患者さんサイドの不利益としては、治療の選択肢(抜歯する部位などを含めて)が少なくなってしまうのです。

 

 

そのため、とにかく6歳臼歯はむし歯などにならないように気をつけて歯磨きをするようにしてください。

 

 

特にはえたての6歳臼歯は虫歯になりやすいので、小さい歯ブラシを使うなどの工夫が必要なので、そのあたりについても注意をしてください。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます