Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年5月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年4月

痛くなく乳歯を抜く方法について

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 痛くなく乳歯を抜く方法について YOU歯科・小児歯科・院長 ブログ

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 痛くなく乳歯を抜く方法について

 

 

通常乳歯のはえ代わりが正常に行われれば、大人の歯である永久歯が生えてきたときに自然に乳歯が抜けて、上手に歯の交換が行われます。

 

 

とはいっても、乳歯がうまく抜けるタイミングと言うのはなかなか難しく、場合によっては自分で抜いてもいたかったことがあると言う経験がお父さんお母さんにもあるのではないでしょうか?

 

 

今回は痛くない乳歯の抜き方について詳しくお話をしていきます。

 

 

ただし、まず自分もしくは保護者の方が乳歯を抜いて大丈夫かどうかを判断しなければいけません。

 

 

その為、その基準について詳しく説明していきます。

 

 

次の場合は歯科医院で、乳歯を抜いて貰わなければダメです。

 

 

1.見える部分に永久歯がはえている

 

 

見える部分に永久歯がはえていると、乳歯が永久歯のじゃまになって変な方向にはえてしまいます。

 

 

この場合、多くは乳歯の根が吸収不全を起こしています。

 

 

ひどい場合は永久歯が埋まってしまい(専門用語で埋伏歯:まいふくし といいます)、矯正治療の必要になってしまう場合があります(経験上、下あごの第二小臼歯や上あごの犬歯で多くみられます)。

 

 

2.痛みや違和感が強くて食事もうまくとれない

 

 

これは、恐がりのお子さんに多く見られます。

 

 

歯科医院につれて行かれるのが嫌なので、ぎりぎりまで我慢して他の人に揺れている乳歯

 

 

を触らせないようなお子さんがこのようになる場合があります。

 

 

普段見ているお母さんが食事の量が減ったなどで気づくことが多いです。

 

 

こうなったら、普段の生活に支障がでますので保護者の方が抜けないようでしたら、歯科医院を受診しましょう。

 

 

これで、歯科医院で抜かなくても大丈夫かどうかの判断はつくようになりましたね。

 

 

それでは次にどのようにしたら痛くなく乳歯を抜けるかについてお話しをします。

 

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 乳歯を抜く時は手を洗おう

 

 

その前に、非常に最も重要な話をします。

 

 

まず、乳歯がグラグラしてきたら一番最初は舌で触ると思います。

 

 

次にすることは指で触ることです。

 

 

この時に注意しなければいけない事は汚れた手や指の状態で、動いている乳歯を触らない事です。

 

 

汚れた状態で触ると感染の危険があるので動かすときにはよく手を洗うようにした方が良いでしょう。

 

 

乳歯の生え代わりの時でも、1番怖いのは感染です。

 

 

感染すると、痛みや腫れが出て食欲が落ちてしまったりします。

 

 

その為、お子さんが指をお口の中に入れる時には、手洗いをして清潔に保った方が良いです。

 

 

手洗いをするときは石鹸などを使用するとそれはそれで別の問題(頻繁に使用すると手が荒れるなど)でてくるので、水道水で汚れを落とす程度の認識で良いでしょう。

 

 

手や指が綺麗な状態でお口の中に手を入れましょう(お父さん、お母さんも子供の口の中に畑仕事をした手で直接触ることはしないでしょう?)。

 

 

1.自分自身で乳歯を大きく動かし抜く方法

 

 

まず1番痛くない乳歯の抜き方は、お子さん自身が大きく動かして自分で抜くことです。

 

 

私も経験上、これが一番痛くなかったです。

 

 

2.ご家族の方がデンタルフロスを使用して引っ張って抜く方法

 

 

デンタルフロス(昔はタコ糸を使用して抜くと言う方法もありましたが、衛生面を考慮するとフロスが良いでしょう)などを使用して引っ張って抜く方法があります。

 

 

ただし、長年歯科医院を経営してきて多くの小児患者さんを見て来た経験から言うと、お子さんによって大きく差があります。

 

 

非常に怖がりなお子さんでは、他の人にぐらぐらしている乳歯を触らせないお子さんもいます。

 

 

あまり神経質でないお子さんであれば、ちょっとぐらい痛くても全然大丈夫と言うタイプのお子さんもいます。

 

 

これは個人差なので、怖がり方によって全く対応が変わってきます。

 

 

ご自分のお子さんがどちらかのタイプによって対応を考えた方が良いでしょう。

 

 

もし、保護者の方や本人が抜けない場合は、良い歯科医院を探してそこで抜いてもらうしかないでしょう。

 

 

私自身の経験ですが、やはり1番痛くなかったのは自分でいらして抜くのが痛みが少なくかつ快適でした。

 

 

下から永久歯が出て、歯科医院で抜かれた経験もあります。

 

 

あまり痛かった記憶はありません。母親とも引き離されましたが、その時はあまり不安にはなりませんでした。

 

 

どうでもいい話ですが、当時は怖かったので一番お気に入りの超合金 ライディーンを持って診療椅子に座った記憶があります・・・・

 

 

遠い過去ですね。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント