こちらでは何度か指しゃぶりについてお話をさせていただきました。

興味がある方はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

指しゃぶりと子どものあごの成長

乳歯の奥歯が生えてきて乳歯の全体像が完成するころに指しゃぶりを長時間行っていると、噛み合わせに問題が出てきます。

一般的に指しゃぶりが遅い時期まで残ると発症する噛み合わせの問題は、上顎前突(一般に言われる出っ歯:図1)、開咬(上下の前歯に隙間が開いた状態:図2)、交叉咬合(一部において噛み合わせが上下逆になってしまった状態:図3)などになることが知られています。

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 乳歯上顎前突

図1:乳歯の上顎前突(一般に言う出っ歯)

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 乳歯開咬

2:開咬(上下の前歯に隙間が開いた状態)

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 乳歯交叉咬合

3:交叉咬合(一部において噛み合わせが上下逆になってしまった状態)

そして、小さい頃の噛み合わせの問題を放置しておくと大変困った状態になる事が知られています。

それは、体の機能や成長にまで影響を与えてしまう事です。

具体的に言うと、発音に与える影響と嚥下(唾液や食べ物を飲み込むこと)と言うこみ込むことにも影響を与えてしまいます。

近年高齢化社会の影響で誤嚥性肺炎や嚥下障害と言う言葉を聞いたことがあるかも知れません。

乳児の飲みこみと大人の飲みこみには凄く大きな差があります。

乳児の飲みこみが残ってしまうと大きな問題が生じます。

それは何故でしょうか?

それは、生まれて直ぐには、歯がはえていません。

歯が無い状態で母乳やミルクを飲みます。

上下のアゴの間に舌を入れて飲まないと飲めないからです。

これを我々は乳児型飲みこみと呼びます。

そして歯がはえてきて、歯がしっかり接触した状態でお口を閉じてモノを飲みこむことが正常になってきます。

これを我々は成人型飲みこみと呼びます。

大人になってもこの乳児型飲みこみが残ってしまう場合は、多くの場合先ほど述べたようなかみ合わせに問題が生じてしまうのです。

矯正医の立場から、申し上げると開咬という先ほど説明した状態が多いです。

もし歯がはえた状態で指しゃぶりをしてしまうと、当然ですが指が入る隙間が出来てしまいます。

モノを飲み込む時に、指をしゃぶっている訳ではありませんから、当然舌がこの隙間に入り込んでしまいます。

これら影響で飲みこむ機能に問題を生じて、かみ合わせに問題を生じてしまいます。

もし、軽度でその状態が成長などの影響を与えなければ問題はありません。

しかし、そのままの状態であごの成長にまで影響を与えてしまうとかみ合わせに問題がある状態であごがかたまってしまうと大きな問題になってしまいます。

前歯が出て状態になると、お口を閉じにくくなってしまいお口での呼吸が習慣づいてしまう可能性が高くなってしまいます。

お口で呼吸では、お鼻で呼吸するのと異なりウィルスや細菌(お鼻では繊毛というものがウィルスや細菌を取り除いてくれます)が直接肺に流れ込みます。

また、お鼻は吸う息に水分と適切な温度にしてくれるという役割がありますが、これらがお口呼吸ではなくなります。

風邪は万病のもとではありませんが、指しゃぶりもそのまま放置することはあなどりがたい影響を全身にまで与えてしまうのです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生