Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年5月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年4月

小学生のむし歯治療で注射の麻酔を使用しないで行う方法

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 小学生のむし歯治療で注射の麻酔を使用しないで行う方法 YOU歯科・小児歯科・院長 ブログ

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 小学生のむし歯治療で注射の麻酔を使用しないで行う方法

 

 

浅いむし歯の治療を行う場合は、他の歯科医院でも注射による麻酔を使用しないで治療を行うことはあるでしょう。

しかし、少しでも深いむし歯(専門的には象牙質1/3~1/2に達するもの)の場合は注射による麻酔を使用して治療を行う歯科医院がほとんどでしょう。

 

 

しかし、YOU歯科においては様々な方法によって神経をとる治療以外では少なく見積もっても95%以上の患者さんで注射による麻酔を使用しなで治療を行っています(最近統計をとっていませんが2015年の4月に統計をとってみたら98.7%の患者さんでむし歯治療に麻酔を使用していませんでした。ただしこれは大人も含めたデータです)。

 

 

痛くなくかつ注射による麻酔を使用しないで、むし歯の処置が可能な一番大きな理由は笑気ガス麻酔です。

実際に成人のむし歯治療で笑気ガス麻酔を使用する時には、注射による麻酔を使用する前に簡単なカウンセリングを行ってから使用します(小学生のお子さんの場合は使えない理由がない限り、ほぼ使用します)。

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科で使用している笑気麻酔器

 

その時は、むし歯を削るのが痛い時なので、その後すぐに笑気ガス麻酔を吸入してもらい痛かった場所を削るのですが笑気ガス麻酔吸入後は圧倒的に痛みが少ないと言う人がほとんどです。

 

 

 

笑気ガス麻酔がどの程度痛みを抑える効果(専門用語では鎮痛効果と呼びます)があるかについてお話をします。

 

 

鎮痛効果が最も高い薬は麻薬性鎮痛薬です。

 

 

その中の一つがモルヒネです。

 

 

モルヒネは麻薬に指定されていますが、ガンの末期などで他に痛みを抑えることができない時に使用するお薬です。

 

 

30%の笑気ガス麻酔(50%とする麻酔の教科書もあります)を使用すると10㎎のモルヒネを使用したのと同程度の効果があると言われています1

 

 

非常に強い鎮痛作用です。

 

 

ただし、むし歯治療ではなくて、乳歯の抜歯など痛みが強い場合は注射による麻酔を併用しないと処置が出来ないことが多いです(歯科の治療は非常に痛いと言うのが分かっていただけると思います)。

 

 

次に注射による麻酔を使用しなくて良い理由は、半導体レーザーの存在です。

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科で使用している半導体レーザー

 

むし歯の痛い部分に半導体レーザーを2~3分ある強さのレーザーを照射することで、削る時の痛みが軽減されます。

 

 

ただしレーザー照射後でも、かなり痛みが少なくなるようですが、全く痛みが無くなる訳ではないので注意が必要です。

 

 

笑気ガス麻酔と半導体レーザーを使用しても痛みがある場合に最後に使用するものがエイクレスです。

 

 

このエイクレスと言う装置は超音波振動を歯に与えることによって痛みを少なくする装置です。

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 エイクレス

 

振動を与えることで痛みがごまかされたように感じる不思議な装置です。

 

 

これらの医療機器や削る時のノウハウ(ここにもちょっとした痛くなく削るコツがあります)を組み合わせる事によって、むし歯治療で注射による麻酔を使用しないで極力痛くない治療が実現可能なのです。

 

 

参考文献:

 

1)TK AgastiTextbook of Anesthesia for Postgraduates,403,JP Medical Ltd,2010

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生
 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント