Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年6月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
2020年5月

小児歯科領域で適した麻酔方法について

江別・大麻の小児歯科,YOU歯科,小児歯科領域で適した麻酔方法について YOU歯科・小児歯科・笑気

江別・大麻の小児歯科YOU歯科小児歯科領域で適した麻酔方法について

 

一般的に大人も当てはまりますが子供である小児では特に痛みを与えると非常に嫌がります。

 

歯科治療と言うのはその典型かもしれませんが、残念ながら痛みを伴う処置が数多く存在します。

 

むし歯の処置等においても、そのつど麻酔を行う歯科医院はたくさんあると思います。

 

この場合の、一般的な麻酔は注射による麻酔が多く、この注射による麻酔を行うときに痛みを伴います。

 

しかし、YOU歯科のサイトで何度も述べている事ですが、注射による麻酔以外にも使用できる麻酔が歯科領域では存在します。

 

その麻酔方法が笑気ガス麻酔を吸入する方法です。

 

/江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 鼻から笑気ガス麻酔を吸う写真

 

この笑気ガス麻酔は鼻から吸うだけで麻酔効果を発揮しますから、注射による麻酔と異なり麻酔による痛みは全くありません。

 

そのため、小児歯科領域ではこの笑気ガス麻酔を増井氏として使用することが最も優れている私は考えられます。

 

ただし、この笑気ガス麻酔の欠点はこれだけでは入試を抜歯する等の痛みが強い処置はできないと言う事です。

 

この場合は、注射による麻酔を併用しなければいけませんが、この注射による麻酔時の痛みも少なくなると言う大きな利点もあります。

 

もちろん、注射による麻酔を打つ時にも痛みを軽減する方法を色々と餅をした方が良いです。

 

振動による痛みを軽減する装置や、麻酔薬の温度を人肌ぐらいに温めたりするなど様々な工夫を行った方が良いです。

 

そのため、YOU歯科においては笑気ガス麻酔を使えない患者さんを除いて笑気ガス麻酔を併用した治療を行います。

 

小児歯科領域で使う麻酔としてはこの笑気ガス麻酔が最も適した麻酔と私自身は考えています。

 

ただし、笑気ガス麻酔を使用できない患者さんもいますし使用すると眠くなってしまうという欠点があります。

 

しかし、小児に使用すると痛みが少なくなるので使用した方が痛みがある処置でもスムースに行うことが出来ます。

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント