多くの方が知っているように、乳歯が抜けて大人の歯である永久歯がはえます。

さすがに昔と違って「どうせ、抜ける歯だから虫歯になっても大丈夫」と考える保護者の方は少なくなってきているでしょう。

日本小児歯科学会の論文でも3才までに虫歯があるお子さんでは永久歯になっても虫歯にある確率が高いことが証明されています。

ですので、乳歯での虫歯が多いと永久歯でも虫歯が多い可能性が高いのです。

しかし、実際に乳歯が虫歯になるとどのような害があるか解っている方は少ないのではないでしょうか?

1.一番大きな問題は、虫歯の痛みによって食事をとれなくなってしまうことです。

2.重度の虫歯になった場合は、後からはえてくる永久歯に問題が生じることがあります。

3.虫歯になると、歯の大きさが虫歯によって小さくなる為に噛み合わせに問題が生じます。

それぞれについて詳しく解説して行きます。

1.一番大きな問題は、虫歯の痛みによって食事をとれなくなってしまうことです。

これが、一番大きな問題となります。最近は少なくなりましたが、重度の場合は数日間食事をとる量が少なくなってしまった場合は成長にも影響が出てしまいます。

ここまで問題になることは少ないですが、歯科医院に連れて行かれて痛い思いをするくらいなら限界まで我慢するお子さんも中にはいます。

その為、保護者の方は定期的に歯ブラシの際の仕上げ磨きを行いその時にお口の中をチェックすることをおすすめします。

2.重度の虫歯になった場合は、後からはえてくる永久歯に問題が生じることがあります。

これは、乳歯の虫歯のばい菌が神経に達して骨の中までばい菌が達してしまいそれが大人の歯である永久歯の歯胚(卵のような状態と考えていただいて結構です)に影響を及ぼすことによって、永久歯の表面であるエナメル質の形成不全を起こす場合があるのです。

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 小児歯科でも予防が重要な理由

口腔病理基本画像アトラス http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/chapter1/html1/1_a_comment.htmlより引用

これは、我々の専門用語ではTurnerの歯(ターナーの歯)と呼ばれる状態です。

こうなった場合は、一生もとには戻りませんし、見た目にも問題がでてきます。

そして、虫歯にもなりやくなります。

その為、当然のことですが虫歯を重篤化させないことが重要なのです。

3.乳歯が虫歯になると、歯の大きさが虫歯によって小さくなる為に噛み合わせに問題が生じます。

これは、どういうことかと言うと乳歯の後に永久歯がはえてきます。

乳歯が虫歯になってしまうと、健康な状態から大きさが小さくなってしまいます。

人の体は、上手く出来ていて下図のように隙間を埋めようとしてしまうので・・・・・

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 小児の頃から予防が重要な理由2

その為、不正咬合である「叢生」という歯がガタガタになってしまう可能性が高くなります(顎の大きさに余裕がある人は問題ないですが)。

現代人は顎の大きさが小さくなってきているので、問題が生じる場合が多いです。

これらの事から、子供の頃から虫歯にならないことが重要なのです。

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます