Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年5月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年4月

子供の歯の神経をとるかとらないか?

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 子供の歯の神経をとるかとらないか? YOU歯科・小児歯科・院長 ブログ

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 子供の歯の神経をとるかとらないか?

 

 

子供の歯の神経、特に乳歯の神経をとってしまうと問題が起こることがあります。

 

 

しかし、とらないでほうちしておくとそれも問題に特に大問題に発展することがあります。

 

 

それについて詳しく説明していきます。

 

 

大人の歯である永久歯と、子供の歯である乳歯の両者に共通することですが、歯の神経は極力とらない方が良いです。

 

 

理由は、歯の神経と一緒に血管が走っていて神経をとってしまうと歯がもろくなってしまうのと、センサーである神経が無くなることによって問題が起こるのです。

 

 

通常、歯に神経がある場合はむし歯になると痛みを生じたり、硬いものを強く噛むと神経自体がセンサーなのでこれ以上噛んじゃ歯にトラブルが起こるよ(歯が割れたり、歯が欠けたりすること)という情報を脳に伝えます(反射の一種です)。

 

 

むし歯で痛いのは、嫌だし子供が可哀そうと思うかも知れませんが体は上手く出来ているのです。

 

 

むし歯で痛いということはそこに異常が生じているという事を本人に知らせているのです。

 

 

それが無くなってしまうので、様々な問題が生じてしまうのです(歯の神経がないとむし歯になっても無症状でむし歯が進行してしまうことがあります)。

 

 

ただし、それじゃ歯の神経を極力保存すれば良いので、とにかく歯の神経をとらない方が良いのですね?と考えられるかも知れません。

 

 

しかし、我々は理由があって歯の神経をとります(将来再生医療が発達して、感染した歯の神経を再生できる技術が生まれれば良いですね)。

 

 

もし、それほど歯の神経が大事ならとそのままにしておくと永久歯にまで影響を与えます。

 

 

永久歯はあごの骨の中で作られます。

 

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 乳歯と歯胚

 

 

乳歯が大きく化膿してしまうと永久歯の卵(これを専門用語で歯胚:しはい といいます)に影響を与えて、永久歯の形成に影響を与えてしまいます。

 

 

永久歯の歯で最表面を占めるエナメル質という人の体で最も硬い部分に形成不全を起こしてしまいます。

 

 

これを我々は「Turnerの歯(ターナーのは)」と呼びます。

 

 

一度こうなってしまうともう二度と元には戻れません。

 

 

Turnerの歯になってしまうと、見た目に問題がでますしむし歯になりやすい状態になります。

 

 

また、形成不全を起こしてしまうのでもっと重篤な場合は噛み合わせにも影響を与えてしまうことになります。

 

 

その為、極力歯の神経は残した方が良いのですが、ばい菌が神経に感染してしまい骨にまで影響を与えてしまう場合は、綺麗に消毒して神経の代わりになる材料を詰めてあげるしか無いのです。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント