Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年7月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
2020年6月

イオン飲料によるむし歯について

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 イオン飲料によるむし歯について YOU歯科・小児歯科・院長 ブログ

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 イオン飲料によるむし歯について

 

 

小さいお子さんに、体にいいと思われて普段からイオン飲料(スポーツドリンクも含む)などの飲み物を与えてしまうお母さんがいてちょっと考えた方がいいと思いましたので記事にしてみました。

イオン飲料は脱水などの症状が起きたときには優れた飲み物ですが、普段の生活では砂糖が入っていますのでむし歯や肥満のリスクを高めるので飲ませない方が良いです。

 

 

1.イオン飲料について

 

 

イオン飲料とは、各種の「電解質」(カリウムやナトリウムなど)を含んでいる飲み物です。

 

 

電解質は水に溶けると+イオンと-イオンに分かれ体内で重要な働きをします。

働きとしては、筋肉や神経を正しく働かせる、体内の水分量を調整したりするなどが挙げられます。

 

 

2.イオン飲料を普段から飲むとどうなるのか?

 

 

テレビCMなどの影響で、最初にお話ししたお母さんのように、体に良いという印象を受けて普段からイオン飲料を飲ませる人がいますがこれは問題があります。

 

 

それ以外には、吐いたり下痢を起こしている時に小児科を受診すると(軽度の脱水状態)、医療用に使用する経口輸液穎粒は水に溶かして飲ませなければならないので、市販のイオン飲料を勧められる時があります。

 

 

しかし、普段の状態に戻ったらイオン飲料を飲むのは辞めて方が良いと言う指導を受けていない場合は問題になります。

 

 

イオン飲料は経口維持輸液よりも砂糖である糖分の濃度が高いです。

 

 

その為、甘さがあるので習慣化しやすい傾向にあります。

 

 

理由は、正常な状態である小さいお子さんにイオン飲料を与えると電解質が多くなり、通常の状態よりものどが渇いてしまうからです。

 

 

そのため,イオン飲料を飲むと結果的に飲み物が欲しくなり、そこで更にイオン飲料を与えると負のスパイラルにはまり込んでしまいます。

 

 

電解質以外にもイオン飲料は糖分の濃度が高く砂糖分が多いのでその意味でものどが渇きます。

 

 

そのままイオン飲料を与え続けると悪い方にしか行きません。

 

 

むし歯のみならず肥満に対しても悪影響を与えます(肥満のみならず食欲不振にも陥って全身に影響を与えることが懸念されます)。

 

 

汗をたくさんかいて一度にたくさんの体内水分が失われた際には、このような電解質も失われてしまいますので問題はないのですが。

 

 

小さいお子さんには普段はお水を飲ませるようにしましょう。

 

 

普通小さいお子さんで脱水症状が起こる事はありません。

 

 

3.イオン飲料によるむし歯の特徴

 

 

イオン飲料等による虫歯の特徴は歯と歯ぐきの歯頚部と呼ばれる歯の首の部分がむし歯になります。

 

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 イオン飲料むし歯

 

 

これは、大人の人でも砂糖の入った清涼飲料水を好きな人でもこのような状態になるので注意が必要です。

 

 

このイオン飲料によるむし歯は普通のむし歯よりも、たちが悪いです。

 

 

理由は歯の神経に近いところなので、痛みが出やすいのです。

 

 

痛みがでて、ちょっと進行しただけで歯の神経をとる可能性が高くなってしまいます。

 

 

そのため、脱水状態で使用する時も極力うがいをしてお口の中に残らないようにするとこのイオン飲料むし歯になる可能性が減らせます。

 

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント