Web予約:5才以下はお電話でご予約下さい
2020年10月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年9月

よく噛む事は肥満の防止につながるかどうか?-小児歯科の立場から-

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 よく噛む事は肥満の防止につながるかどうか?-小児歯科の立場から- YOU歯科・小児歯科・院長 ブログ

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 よく噛む事は肥満の防止につながるかどうか?-小児歯科の立場から

 

 

よく噛むと言う事は、肥満に対しても予防効果があると言う報告がたくさんなされています1~7

その他にも、ガム噛むと脳が活性化されると言う論文もあります8

脳が活性化されるだけで、決して頭が良くなるわけではないのでその辺はご理解ください(ただし、噛むことによって脳に対してプラスの作用がある結論づけています)。

 

 

肥満を減少させる以外にもよく噛むことによって、肥満以外にも何らかの効果がありそうなことが報告されています。

 

 

と言っても、すべてが良いデーターではないと言うことも併せて書いておきます9

 

 

しかし、噛まないよりは噛んだ方が唾液が出る量も増えます(唾液には消化作用だけではなく、抗菌作用もあります)。

一般的に考えれば良いことはあっても悪い事は考えにくいです(多くの否定的な研究は差が無かったと言うものという事を頭に入れて今回の記事を読んで下さい)。

 

 

しかし、よく噛むと言うのはどういうことなのでしょうか?

一口の食べ物の大きさや噛みかたなどにも細かい差があるでしょうし、よく噛むと言ってもいったい何回噛めば良いのでしょう?

 

 

江別・大麻の小児歯科 YOU歯科 噛む事と肥満の関係

 

 

100回なのでしょうか?

 

 

10回なのでしょうか?

 

 

具体的な回数についてどんな研究がなされていたのかについて話をします。

 

 

よく噛むことについては、概20~30回で検討されることが多いです。

 

 

これは経験上、20~30回位噛めば大体のものが粉砕されるということが一般的に理解されているのと、文献的にはピーナッツなどの噛み砕く必要がある食べ物は25回噛むことによって飲みこむことにちょうど良い状態になることを報告した文献もあります10

 

 

また、一口についても大きなスプーンと小さなスプーンを使用している論文もあって、日常生活ではそこまで厳密に考える必要はないと思います。

 

 

また、食べ物の種類についても、硬いお肉を一口(極論すると一口ではなくても、干した貝柱やビーフジャーキーなら先ほど述べた20~30回では足りないと思います)とプリンや茶わん蒸し(柔らかい食べ物の代表例)では当然噛む回数も変わってくるでしょう。

 

 

あくまで一般的な考えと思って理解して下さい。

 

 

20回噛むことについては参考文献のがこれにあたります(参考文献6)。

 

 

同じく30回噛むことについては参考文献のがこれにあたります(参考文献4、5)。

 

 

最後に、噛む回数ではなくて海外で行われた研究では、ファーストフード食片の早食いに対して、早食い(あまり噛まないと考えられる)とゆっくり食べる(よく噛んで食べる)では、肥満(摂取されるカロリーとしています)に影響を与えないと言う研究もされています9

 

 

ただし、多くのデータがよく噛むことによる沢山の利点をあげていることから回数を何回と言う考えではなくて「よく噛む」ということを頭に入れましょう。

 

 

そして、よく噛むということを習慣化することによって、肥満のみならず他の面でも多くの良い効果が得られる可能性が高くなるという研究が多いことを理解して下さい。

 

 

参考文献:

 

 

1)安藤 雄一,ら:「ゆっくりとよく噛んで食べること」は肥満予防につながるか?.Health Science and Health Care 8(2):54-63,2008

2)柳澤繁孝,ら:咀嚼法の実践に関する事後アンケート調査結果.平成20年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)報告書(H20-循環器等(生習)-一般-020,研究代表者:柳澤繁孝):21-28,2009.

3)鈴木亜季ら,:食事療法を行っている糖尿病患者に咀嚼指導を試みて.東京都老人医療センター看護研究集録・教育活動報告(20):6-9,1994.

4石田貞代褥婦への咀嚼指導がBMI減少・健康への関心・不安緩和におよぼす効果.お茶の水医学雑誌53(3):67-76,2005

5岡美智代,ら:一人暮らしの女子学生のダイエット行動への動機づけ介入と知識提供介入の比較自己効力感を中心として.看護研究.31(1):67-75,1998.

6柳澤繁孝,ら:咀嚼法による体重コントロール効果に関する介入研究.平成20年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)報告書(H19-循環器等(生習)-一般-020,研究代表者:柳澤繁孝),4-20,2009.

7)大隈和喜,吉松博信,坂田利家,足立和代.肥満症治療における咀嚼の意義とその臨床的応用について.心身医学 :40(3):247-253, 2000.

8)Sakamoto K, Nakata H, Kakigi R: The effect of mastication on human cognitive processing: A study using event-related potentials.Clinical Neurophysiology, on Nov. 19.

9)Ebbeling CB, Garcia-Lago E, Leidig MM, Seger-Shippee LG, Feldman HA, Ludwig DS. Altering portion sizes and eating rate to attenuate gorging during a fast food meal : effects on energy intake. Pediatrics:119(5):869-75, 2007.

10)R. M. Alexander. News of chew: the optimization of mastication. Nature: 391(22): 329,1998.

 

YOU歯科 院長 歯学博士 石井 教生

 

【ご予約専用フリーダイヤル】
0120-979-219

(受付時間9:30~17:30)※当日でも承ってます

 

コメント